人物

瀧川鯉斗(たきがわこいと)の学歴や年収!落語家の評価を調査!

スポンサーリンク

こんにちは!

イケメンで落語家の瀧川鯉斗(たきがわこいと)さんが

テレビにも度々出演されていて、元暴走族総長という経歴を持ちなんとも気になる方なので、

瀧川鯉斗(たきがわこいと)の学歴や年収!落語家の評価を調査して調べて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

滝川 鯉斗

出典:BSテレ東公式サイト

プロフィール
  • 滝川 鯉斗(たきがわ るいと)
  • 本名:小口 直也(おぐち なおや)
  • 身長:182cm
  • 出身地:東京(3才〜愛知県育ち)
  • 生年月日:1984年1月25日
  • 職業:落語家(真打)
  • 所属:落語芸術協会

滝川 鯉斗 経歴

中学時代は運動神経抜群でサッカーの県代表に選ばれ、プロを目指すも、挫折してしまいその後、彼が選んだ道は暴走族でした。

高校はなんと初日で退学し、持ち前の度胸と喧嘩の強さでなんと17歳で総長に。

2002年(当時17〜18才)に東京に役者を志し上京。

飲食店でアルバイトをしていたところそのお店で現在の師匠滝川鯉昇(たきがわ りしょう)さんの落語独演会を見て感銘を受け、すぐに弟子入りを申し出る。

2005年 前座に。滝川鯉斗となる。

2009年 二ツ目に昇進。

2019年 真打に昇進。

瀧川鯉斗学歴: 中学や高校は?

滝川 鯉斗さんの中学や高校はどこなのか?調べましたが一切公表されていませんでした。

暴走族時代に100VS100の喧嘩をしたことがあると言っていて、その時に尾張と三河は仲が悪いので名古屋市の平和公園で喧嘩をしたと言っていました。

そして滝川 鯉斗さんは尾張と言っていたのと、天白区出身とのことなので、天白区の中学校では6校ありますのでこのいずれかだとは思います。

  • 名古屋市立天白中学校
  • 名古屋市立植田中学校
  • 名古屋市立久方中学校
  • 名古屋市立御幸山中学校
  • 名古屋市立南天白中学校
  • 名古屋市立平針中学校

 

高校はサッカーの実力があるのも関わらず、当時の素行の悪さから推薦では行けなかったとのことなので、特にサッカー強豪高校ではなかったかもしれません。

総長歴

中学の途中からサッカーで挫折して、カッコいい先輩などに憧れて暴走族に入ったそうです!

名古屋では当時有名な暴走族チーム「天白スペクター」に入ったそうです。

最初はパシリからで、持ち前の度胸と喧嘩の強さで総長となったようです!

17歳で総長となって、上京したのは18歳頃なので、わずか1年ほどで引退したということになりますね。

滝川 鯉斗さんいわくその環境でテンションが上がらない空気を感じ取ったら次に行くと言っていたので、1番を取ってしまったら興味がなくなってしまったのでしょうか。

瀧川鯉斗 年収

落語家の「真打」の平均年収は、一回の出演料が5万〜100万といわれています。

平均年収推移は600万〜6000万となっています。

一回の興行における祝儀平均が10万となっているようですが、有名師匠は1回で100万のギャラも普通みたいです。

有名になれば、テレビ出演と後援会、定例高座出演などで、数億円以上の年収が普通にあるようです。

階級制で、格付けがあり、出演者には一人5円とか50銭といった区分があり、入場者数にこれを掛け合わせ。1回の興行成績次第で報酬を伸ばします。

滝川 鯉斗さんはすでにテレビ出演もちょこちょこされているので、これから有名になれば収入もアップしていくことでしょう。

笑点の年収ランキングでは

  • 1位 三遊亭 円楽/桂 歌丸/林家 こぶ平

一回のギャラ75万〜100万円

最高額4800万円

  • 2位 林家 木久蔵/三遊亭 楽太郎

一回のギャラ60万〜80万円

最高額3800万円

  • 3位 三遊亭 子遊三

一回のギャラ45万〜65万円

最高額3100万円

などとなっています。

すごく夢のある職業ですね!それだけ努力や修行が問われますが。

瀧川鯉斗 落語家の評価

滝川 鯉斗さんの落語家の評判は下手という噂も流れていたようですが、2019年に見事真打昇進を果たされています。

名古屋市出身の落語家としては、三遊亭圓丈さん以来41年ぶりに真打とのことです。

おそらく下手だったら真打には昇進できませんよね。

落語家は記憶力と表現力とインパクトのある発声力が必要とされます。

出典:ヤフー公式

個人的には、この甘いマスクとマンガのような経歴と持ち味で、今後活躍していくのがすごく楽しみです。

まとめ

暴走族時代では「総長」の称号、「令和1号」の受令しかり。

なんでも1番を取る男なのでしょうか。

新時代の幕開けとともに、真打の世界でもこれからたくさん活躍していく姿を楽しみにしています。

瀧川鯉斗(たきがわこいと)の学歴や年収!落語家の評価を調査を書いていきました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク